Home » 教員紹介 » 為廣 吉弘 (TAMEHIRO, Yoshihiro)

為廣 吉弘 (TAMEHIRO, Yoshihiro)

研究内容

物流システム、小売市場の国際化、流通政策、チャネル政策

担当科目

流通政策、交通論、交通経営論、物流論、物流システム論、マーケティング情報論、外国書講読、専門演習

プロフィール

1962年香川県生まれ。東京大学農学部を卒業後、農林水産省、経済企画庁で10年間働きました。農水省では農業用ダムの計画や施工を、経済企画庁では日米経済関係を担当していました。1994年に(財)流通経済研究所に入所し、流通・マーケティングの研究に関わるようになり、2009年より現職。

愛知大学研究者情報データベースへ


為廣ゼミ (Tamehiro Seminar)

研究テーマ

流通産業の戦略及びマーケティングの研究

内容

本ゼミの教育目標は、a)自分で問題を発見することができる、b)その問題について情報を収集することができる、c)調査した結果をまとめて自分の言葉で語ることができる、d)わかりやすく発表することができる、e)質疑応答やディスカッションができる、という能力を高めることです。これにより、社会でもっとも必要とされる能力の一つである「コミュニケーション能力」を高めて欲しいと思います。
研究の対象(問題発見する対象・分野)は、小売業、卸売業などの流通業、外食産業などのサービス業、メーカーも含みます。また、特定企業でも、無店舗販売、情報システム、物流システム、消費者行動などのテーマでもかまいません。自分の進路に合った対象を選択するのがいいと思います。
発表の場としては、ゼミの時間以外に名古屋マーケティングインカレ(名城大、愛知淑徳大、愛知学院大、名古屋学院大との合同討論会:インターネットで検索してみてください:希望者のみ)、経営学部のパブフェス(全員)を活用します。また、日経ビジネスを講読し、問題発見トレーニング及び産業界の動向の理解を深めます。様々な企業や業界の最新動向が深く解説されているので、就職活動をする上でも大いに役立つと思います。