Home » 教員紹介 » 望月 恒男 (MOCHIZUKI, Tsuneo)

望月 恒男 (MOCHIZUKI, Tsuneo)

研究内容

管理会計

担当科目

会計学概論、工業簿記Ⅰ・Ⅱ、管理会計基礎理論、管理会計応用理論、管理会計論総合研究、外国書講読、専門演習

プロフィール

1964年、静岡県生まれ。早稲田大学社会科学部卒業、同大学院商学研究科修士課程修了(商学修士)、横浜市立大学大学院経営学研究科博士課程を満期退学後、北九州市立大学経済学部助教授を経て、2004年より本学経営学部に勤務。趣味は、読書、B級グルメ、温泉巡り、ドライブ、格闘技観戦等です。

愛知大学研究者情報データベースへ


望月ゼミ (Mochizuki Seminar)

研究テーマ

現代企業における管理会計システムに関する研究

内容

管理会計は、企業内部の経営管理者に対して、経営管理に有用な情報を提供することを意図した会計システムです。管理会計は会計のうちでも応用部分に該当する領域であり、具体的な管理会計の研究領域としては、従来から原価管理、予算管理、業績評価会計、意思決定会計等が取り挙げられてきましたが、今日ではいかにして経営戦略の策定・実行・実現に貢献できるかに焦点を当てた、いわゆる「戦略的管理会計」の領域が大きな注目を集めています。このように、現在では管理会計の研究領域そのものが大きく変貌しつつあります。
本ゼミでは、先端的企業の管理会計システムについて考察することを通じて、実際の企業における管理会計システムの役立ちと役割、問題点等を認識・理解することを目的としています。また、併せて現代社会における会計を取り巻く諸問題についても検討します。
なお、上記の活動に加えて夏休みと春休み期間中にゼミ合宿を実施しています。