Home » 教員紹介 » 本多 毅 (HONDA, Takeshi)

本多 毅 (HONDA, Takeshi)

研究内容

組織の環境適応、組織変革プロセスにかんする理論的研究

担当科目

経営管理総論、経営戦略論、経営組織論、組織変革論、外国書講読、専門演習、入門ゼミ

プロフィール

大阪生まれの大阪育ち。大阪市立大学商学部卒業後、同大学院経営学研究科後期博士課程単位取得退学。でも今まであまり大阪人(?)に見られたことはありません。趣味はスポーツ観戦、カラオケ、ドライブ等々。仕事にせよ、趣味にせよ、一度何かに関心を持つとそれに没頭する性格です。

愛知大学研究者情報データベースへ


本多ゼミ (Honda Seminar)

研究テーマ

組織の環境適応と変革プロセス

内容

皆さんは、日常生活の中で「○○が変わる」という表現を一度は聞いたことがあると思います。またそれと同じくらい逆の表現、つまり「○○が変わらない」も聞いたことがあるでしょう。この「○○」には「文化」、「戦略」、「仕組み(構造)」、「制度」、「システム」、「態度」、「行動」など様々な言葉が当てはまります。更に、この2つの表現は、「変わらないといけないのに変わろうとしない」、「変わろうとしても変われない」といった矛盾した関係として現実化することが多いことも事実です。この問題は、学問的には「組織の環境適応プロセス」あるいは「組織変革プロセス」として重視され、また、実践の場でも、様々なレベルで、様々な主体が、複雑に相互作用するなかで問題解決(あるいは発見)が行われる重要な内容をもつものです。そこで本ゼミでは、組織の環境適応について、人間行動(あるいは心理)の変化を考える「ミクロ組織論」、組織構造や環境要因の変化を考える「マクロ組織論」、組織の長期的方向性の決定について考える「経営戦略論」の知識を幅広く身につけ、組織と戦略の相互作用について様々な角度から物事を考えること、つまり「複眼思考」の涵養を目指したいと考えています。