Home » 経営学部の特色

経営学部の特色

経営学部:次代の飛躍への可能性を持つビジネスパーソンを

IMG_0011
激しく変動する現代のビジネス社会では、さまざまな模索が続いています。一方で、コスト管理や組織改革など、よりリアルでシビアな目で事業を見つめ直すことが必要になっています。しかし一方で、グル―ばル・ビジネスの進展は、新興国にさらなるマーケット拡大の兆しを生み、地球規模の環境問題、政治や人口構成の変化は、新たなビジネスチャンスの到来も予感させます。そんな時代に求められるのは、ビジネスの基礎を身につけ、かつ、市場の変化を先取りした柔軟な発想ができる人材。経営学部では、そのような次代を担う人材を育成するため、経営学と会計学の2つの学問分野で、理論と実践力を養います。

 


現代のビジネスで求められる専門知識の習得と実務能力の育成

077_講義棟 ラウンジ

経営学科では激しく変動するビジネス社会で活躍できる人材の育成を目指し、企業の仕組みとその経営について理論と実践の両面から学びます。また、会計ファイナンス学科では、会計とファイナンス(資金調達・運用)について、国際基準に対応した最新のカリキュラムを編成し、スペシャリストを育成します。

 

 

 

 

 

 


伝統ある経営学教育で優れた人材を多数輩出

ささしま_032

本学は、1947年に「経営学」「会計学」を開講したこの分野のパイオニア的存在です。数多くの企業経営者、公認会計士、税理士を送り出し、その実績は中部地区トップクラスの水準を誇っています。

 

 

 

 

 

 


主体性のある「学び」を重視

ささしま_059

論理的な思考力や専門的なコミュニケーション能力の習得を目的に、討論を通して学ぶ少人数ゼミナールを1年次から導入。その集大成として「経営Publicationフェス」を開催しています。その他にも企業で就業を体験するインターンシップを単位化。実社会にある問題の発見・解決能力、提案力を磨き、主体的な学びを追及していきます。

 

 

 

 


資料:入学者受け入れ方針と教育課程編成・実施方針

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)*PDFファイルで開きます
学位授与方針及び教育課程の編成・実施方針(ディプロマ/カリキュラム・ポリシー)*PDFファイルで開きます
経営学部 教育研究上の理念・目的*PDFファイルで開きます