研究内容

財務会計論、国際会計論

担当科目

会計学基礎理論,財務諸表論,会計情報処理論,専門演習

プロフィール

名古屋市生まれ。神戸商科大学大学院博士後期課程を単位取得満期退学。博士(経営学)(神戸商科大学)。愛知大学の卒業生です。私の担当科目は会計学の基礎となる科目であり、大変重要です。したがって、学生諸君が理解しやすいように心がけながら、講義を進めたいと考えています。

愛知大学研究者情報データベースへ


伊藤ゼミ ITO Seminar

研究テーマ

財務会計の制度と理論に関する研究

内容

すでに、1年生・2年生で学んだ簿記や会計学について、さらに勉強を深めていくのが、伊藤ゼミの特徴です。研究の内容は企業会計基準、企業会計原則、会社法会計といった制度会計に関するものです。 社会では会計に対する関心が急速に高まり、社会人として会計の知識は不可欠となっています。研究の内容も幅広く、連結財務諸表、キャッシュ・フロー計算書、金融商品会計、退職給付会計、税効果会計、収益の認識、企業結合会計、リース会計などがあります。

しかも、会計のルールはひんぱんに変わる ので、授業で学んだことが社会に出たらもう役に立たないということもあります。そんなことがないように、会計のルールの改正については、いち早くゼミの中でわかり易く解説します。

また、 むずかしいことを出来るだけわかり易く学ぶ、これも伊藤ゼミの大きな特長です。

財務会計の分野は非常に範囲が広いので、そのなかから自分が学びたいと思うテーマを見つけることがゼミ活動の第一歩です。テーマ選びはゼミ 生が主体的に行います。専門書をよく読むことで、それまでわからなかったことが理解できるようになるのです。このようなゼミ活動をとおして、大学での学びをより充実させて下さい。