Home » 教員紹介 » 土屋 仁志 (TSUCHIYA, Hitoshi)

土屋 仁志 (TSUCHIYA, Hitoshi)

研究内容

小売業の国際化,アジア流通

担当科目

国際流通論、国際マーケティング論、サービスマーケティング、小売マーケティング、外国書講読、専門演習

プロフィール

1972年大阪府生まれ。関西大学商学部、同大学院経済学研究科修士課程修了、その後、同大学商学研究科博士後期課程修了。博士(商学)。
職歴/2001年から台湾の國立高雄第一科技大學マーケティング・流通学科専任講師、助理教授を経て2009年より現職。

愛知大学研究者情報データベースへ


土屋ゼミ (Tsuchiya Seminar)

研究テーマ

小売業の国際化:急成長するアジア市場と日本

内容

ここ数年、日本の人口減少にともなう市場の限界が日本企業に本格的な国際化を迫っている。もちろん今日まで多くの日本企業は国際化を経験してきたが、それは生産拠点の移転が主であり、現地市場を求めての国際化は一部大手企業に限られていた。しかし、アジア諸国の台頭とともに巨大な市場が形成されつつあるなか、それらを求め製造業のみならずサービス業も国際化に駆り立てられている。
当ゼミナールでは企業の国際化、とりわけ小売業の国際化について議論する。1990年代以降、ヨーロッパの小売業が積極的に国外市場へ展開した結果、グローバル小売業が誕生した。この新しい動きはアジア市場でも同様に発生しており、とくに中国市場の発展は目覚しい。フランス、アメリカ、イギリス、オランダ、台湾、韓国、日本、そして中国本土の小売業が市場をめぐり競争を展開している。これまで出足の遅かった日本企業も、人口減少や規模縮小が進む日本市場のみに頼ることは期待できず、ここ数年前から、今までにない本格的な中国への進出がみられるようになった。日本や欧米の式近代的小売経営ノウハウをまず台湾やシンガポール、香港などの華人市場の子会社でアジアモデルを培い、その後,中国市場へ進出する際に新しいモデルを台湾やシンガポール、香港の人材とともに移転導入している。こうした試みは、ノウハウをより円滑に移転させ、また同時にリスクの軽減をもはかろうとするビジネスモデルで、製造業では古くから実施されてきた。以上のような小売業の国際化についてアジア市場を中心に議論を進め、今後の日本流通業の国際化のあり方について検討する。