Home » 教員紹介 » 神頭 広好 (KOZU, Hiroyoshi)

神頭 広好 (KOZU, Hiroyoshi)

研究内容

都市及び地域における立地分析

担当科目

経営立地論、立地分析論、ミクロ経済学、外国書講読、専門演習

プロフィール

長野県に生まれる
最終学歴:東京工業大学社会工学科博士課程単位修了
趣味:観光地へのドライブ、Windows(E)およびiPhoneでスポーツゲームを楽しむこと
個人のサイトへ
愛知大学研究者情報データベースへ


神頭ゼミ (Kozu Seminar)

研究テーマ

都市および地域の立地研究

内容

まずゼミ生自身が最も興味のある卒業論文のテーマを決め、それにしたがってゼミの発表を行う。そこで検討された結果などを踏まえて、卒業論文を作成する。これまでの卒論のテーマは、立地、マーケティングおよび地理学的傾向のものが強く、愛知県、三重県、岐阜県などの地域を対象にした「まちづくり」をはじめ、飛行場、映画館、コンビニ、ガソリンスタンド、ディズニーランド、ショッピングセンターなどの立地に関するものなどが多くみられる。卒論は報告書ではないため、まず地道かつどん欲に資料収集を行い、それを整理して考察する必要がある。そのため数字を整理する能力が望まれる。学生の研究スタイルを重視するが、統計資料などから数字を整理して、プレゼンテーションする能力も必要である。重要なことは、卒論テーマに対して常にアイデア生み出そうとする気持ち(独創性)を持ち続けることである。