Home » 教員紹介 » 川井 伸一 (KAWAI, Shinichi)

川井 伸一 (KAWAI, Shinichi)

研究内容

経営戦略論、中国企業・日本企業の国際経営、中国企業経営

担当科目

アジア経営比較論、中国経営論、中国国際経営論、中国企業改革論、外国語講読、専門演習

プロフィール

1951年東京都生まれ。最終学歴は東京大学大学院国際関係論博士課程単位修了。1992年本学就任。中国経済学会、中国経営管理学会等の各理事を担当。趣味は旅行、スポーツ観戦。

個人のサイトへ
愛知大学研究者情報データベースへ


川井ゼミ (Kawai Seminar)

研究テーマ

国際企業のビジネスシステムと経営戦略

内容

経済のグローバル化が急速に進んでいる今日、企業は国際的な環境により大きな影響を受けるようになっており、企業の活動も国境を越えた国際的な活動の比重がより高まってきている。日本をはじめ、世界の企業は、原材料・部品の海外からの調達、海外市場への製品販売、海外における販売拠点や生産拠点の設立を進めてきているが、それだけでなく研究開発拠点や本社の事務部門の一部を海外に移転しつつある。また企業間のさまざまな提携や吸収・合併(M&A)を通して企業間の事業再編が急速に進んでいる。こうして世界の企業は開発、調達、生産、販売、サービスに至るサプライチェーンにおける国際的な統合と分業のありかた(ビジネスシステム)の構築と再編に努めている。例えば、iPodやiPhoneで有名なアップル社は自らの製品開発を踏まえて世界各地の協力企業から部品を調達し、最終組み立ては中国における台湾企業に委託し、間接・直接販売のチャネルを通して全世界に販売し、かつ自らの音楽配信サービスにつなげて顧客ニーズを満たすことに成功している。このようにiPodやiPhoneには世界がいろいろな形で詰まっている。本ゼミでは、ビジネスシステムと経営戦略の視点から、日本企業を含めてさまざまな国際企業の経営活動を題材にして、検討していきたい。