Home » 教員紹介 » 岩田 員典 (IWATA, Kazunori)

岩田 員典 (IWATA, Kazunori)

研究内容

マルチエージェントシステムの研究、ソフトウェア開発プロセスの改善に関する研究

担当科目

統計の基礎、情報リテラシー入門、オペレーティングシステム論、コンピュータネットワーク論、コンピュータセキュリティ論、外国書講読、専門演習

プロフィール

1975年生まれ。名古屋工業大学大学院 博士後期課程修了 博士(工学)。専門は人工知能(コンピュータで人間の知能の再現を目指す)であり、複雑な問題をシミュレーションにより解明しようとしている。趣味はスポーツ(観戦・プレーともに)であり学生時代に6年ほどバスケットボールをしていた。

愛知大学研究者情報データベースへ


岩田ゼミ (Iwata Seminar)

研究テーマ

コンピュータの発展とその応用事例

内容

詳細はゼミ生の皆さんと相談して決めていきます。

本ゼミでは最初に、検索エンジンの仕組みについて学習するために、それに関する本をグループに分かれて読んでもらいます。そして、その内容をレジメにまとめて、Power Pointで資料を作成し発表してもらいます。さらにコンピュータがどのように動いているかを学習するために、その後はいくつかのテーマの中からグループごとにテーマを決めてもらい、それについて調査・資料作成・発表を行ってもらいます。これらの学習を通じてコンピュータの仕組みから応用事例について学んでもらい、卒業論文につながる興味のある話題を探していってもらいます。

また、本ゼミではただ本を読むだけではなく、コンピュータを使いながら学習を進めていってもらいます。そして、最終的には卒業論文のテーマを決定してもらい、卒業論文作成に進んでもらう予定です。

4年生では、各自のテーマに従ってそれぞれ調査・研究を進めてもらい、卒業論文(もしくはレポート)を提出するとともに、PowerPointでその内容も発表してもらいます。