Home » 教員紹介 » 伊藤 清己 (ITO, Kiyomi)

伊藤 清己 (ITO, Kiyomi)

研究内容

財務会計論、国際会計論

担当科目

会計学概論、会計学基礎理論、財務諸表論、会計情報処理論、外国書講読、専門演習

プロフィール

名古屋市生まれ。神戸商科大学大学院博士後期課程を単位取得満期退学。博士(経営学)(神戸商科大学)。愛知大学の卒業生です。私の担当科目は会計学の基礎となる科目であり、大変重要です。したがって、学生諸君が理解しやすいように心がけながら、講義を進めたいと考えています。

愛知大学研究者情報データベースへ


伊藤ゼミ ITO Seminar

研究テーマ

財務会計の制度と理論に関する研究

内容

すでに、1年生・2年生で学んだ簿記や会計学の問題について、さらに専門的に研究を深めていくのが、伊藤ゼミの特徴です。研究の内容としては、会社法会計、企業会計原則、企業会計基準といった制度会計に関するものがあります。最近では、会計ビッグバン以降の大改革を経て、多くのテーマが注目を集めています。例えば、連結財務諸表、キャッシュ・フロー計算書、金融商品会計、退職給付会計、税効果会計、外貨換算会計、減損会計、企業結合会計、リース会計などがあげられます。
さらに近年、わが国と海外の会計基準のコンバージェンスという観点から、会計のルールがひんぱんに変更されています。そのため、大学で学んだことが社会に出たらもう役に立たないということも起こりえます。そのようなことがないよう、会計制度の改正についてはいち早く授業の中で解説します。
また、むずかしいことを出来るだけ分かり易く学ぶ、これも伊藤ゼミの特長です。
財務会計の分野は非常に範囲が広く、研究のテーマ探しには苦労しません。自分の関心のあるテーマを見つけることが研究の第一ステップです。テーマ選びはゼミ生が自主的に行います。困った時には、いつでも相談に乗ります。専門書をよく読み、しっかり理解することで、高度な知識を身につけることができます。ゼミ活動をとおして、大学での学習をより充実させて下さい。