Home » 教員紹介 » 池田 幸典 (IKEDA, Yukinori)

池田 幸典 (IKEDA, Yukinori)

研究内容

財務会計(特に負債会計、資本会計、概念フレームワーク、および連結会計)

担当科目

商業簿記初級、商業簿記中級、商業簿記上級、制度会計論、財務会計論総合研究、外国書講読、専門演習

プロフィール

1974年6月大阪生まれ、京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)。帝京大学専任講師、高崎経済大学准教授などを経て2014年4月より現職。趣味はドライブです。いろんな所にドライブして、そのついでに温泉に寄るのが好きです。マイペースで少しずつ研究・教育活動を進めたいと思います。

愛知大学研究者情報データベースへ


池田ゼミ (Ikeda Seminar)

研究テーマ

日本の会計と国際会計

内容

企業や投資家が国境を越えて活動する現在、会計の領域にも国際化の波が押し寄せている。会計における国際化は、主に会計基準の国際化という形で生じてきている。会計基準の国際化は、国際会計基準審議会を中心に進められている。欧州連合(EU)が2005年に、国際会計基準審議会が公表する国際財務報告基準を導入しており、その他の多くの国も国際財務報告基準を導入しているか、近いうちに導入することを決定している。日本や米国では現在、国際財務報告基準の導入(強制適用)の可否を検討している段階にある。
しかし、会計基準の国際化を理解するには、日本の会計についても理解を深めなければならない。日本で勉強し、日本の社会で活動するのであるから、日本の会計について理解しておかなければならない。そこで本演習は、日本の会計基準と、国際会計基準審議会が公表する国際財務報告基準の両者を中心に、様々な会計問題について、概要および問題点を研究していく。まず、日本の会計制度のあらましを明らかにし、そして、日本の会計制度の中心となる会計基準について、詳細に研究していく。そして、それを踏まえ、国際財務報告基準の内容について研究し、日本の会計基準との相違(相違の内容および相違する理由)について、明らかにしていく。